ブラックバスを美味しく食べる!!照り焼きの作り方 | 船釣りは男のロマン

ブラックバスを美味しく食べる!!照り焼きの作り方

皆さんこんにちは!!

今回は、皆さんもよくご存じの「ブラックバス」を美味しく食べる方法のご紹介です。

最近は「ブラックバス」を食べる方もよくいらっしゃるみたいですね!!
美味しく食べる方法をご存知の方も沢山居られると思いますが、私なりの美味しい食べ方をご紹介させて頂きます!!

<ブラックバスの簡単照り焼き>

<材料>2人分
ブラックバス・・・25cm~30cm位が1匹
片栗粉・・・適量
醤油・ミリン・砂糖・塩・水・・・各種お好みで。

<作り方>

①バスの鱗を取り去ります。鱗を取ったバスを3枚に下します。

ポイント①

バスの臭い所は2か所です。
腹骨と浮袋の境目に付いた脂と皮と身の間の(身皮)脂です。腹を裂いた際、包丁や鱗取りで腹の脂をしっかりと取り除きます。

皮を引く際、皮に身を少し残す様に皮を引くと、ほとんど匂いません。(包丁で脂を取った場合は、次の作業に入る前に包丁を洗剤でしっかり洗いましょう)

②①で下処理したバスに塩を振り、下味を付けます。

③ミリン・砂糖を鍋に入れ沸かし、アルコールを飛ばします。アルコールを飛ばした後に、醤油を入れ再度沸かします。

④③で作った合わせ調味料を火に掛け、水溶き片栗粉で固めの餡を作ります。

⑤②のバスをグリルに入れ、焼きます。

⑥⑤のバスに焦げ目が付いて来たら、④の餡をバスに塗り、焦げ目が付くまで焼きます。

⑦お気に入りの器に盛り付け完成です!!

下処理さえ怠らなければ、非常に美味しい魚です。
かつて食用化されるために輸入された魚だけあります。(サンフィッシュ科スズキ亜目ですので、味はスズキです)

今まで、ゲームフィッシュとされて来ましたが、バスも最近は肩身の狭い思いをしております(笑)
是非、皆で美味しく食べて、肩身の狭い思いをしているバスを、違う意味で有名にしてみませんか!!(笑)

美味しいですので、お試し下さい!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする