釣ったイカを安全に食するために | 船釣りは男のロマン

釣ったイカを安全に食するために

春になり、いよいよイカ釣シーズンが到来しました。

ところで、イカを食べると寄生虫にやられるってよく言われていますよね。
これは、イカに寄生している寄生虫のアニサキスが、胃の粘膜に食いつくことで激しい腹痛の症状が出るからなんです。

たまにワサビやお酢で消毒すれば大丈夫と言う人もいるようですが、アニサキスはお酢や醤油、ワサビくらいではその活動を抑えることは出来ません。

アニサキスの被害を防ぐためには、きちんとした保存と調理が大切になります。
基本的にはアニサキスは熱に弱いので60℃で1分以上、または70℃以上で死滅してしまいます。
ですから、煮たり焼いたりしたイカはほぼ安全に食することが出来ます。

しかし、イカと言えば新鮮なイカ刺しは外せませんよね。
火を通したら刺身が食えなくなっちゃうよという方も安心して下さい。-20℃以下の温度で24時間以上冷凍することでもアニサキスは死滅するので、お刺身にするなら1日冷凍してから調理すれば安全に頂くことが出来ます。

そして、出来れば目視でも確認しましょう。

せっかく釣れたイカですから、安全においしく頂きましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする