やっと釣り上げたバスは・・・ | 船釣りは男のロマン

やっと釣り上げたバスは・・・

先日、学生時代の友人とバス釣りに行ってきました。
僕は魚釣りに関しては道具を持っているだけで、素人同然なので釣り好きの友人と一緒でなければ行ききれないですね。

場所は佐賀県の北山ダムが一番近いとのことだったので、そこに決めたのですが・・・
バス釣りのレクチャーを受け、びっくり。

基本、陽が昇る前、バスが活発になる時間帯を狙う。
現地までの移動時間を考慮して必然的に深夜2時ごろに出発しました。
慣れない道に深夜ということもあり、少し道に迷いながらも到着。

バス釣りスポットでは貸ボート等がありましたが、初心者にはもったいないので岸釣りでチャレンジ。

どのポイントが良いのか分からないので、友人に場所を選んでもらい道具を広げ開始。
出来るだけ水面に人影が映らないように気をつけつつ、手始めにワームで様子を見よう。
15分くらいワームを投げては巻き戻しての繰り返し・・・

自分の中には釣りとは、スナフキンのように釣り糸を垂らして待つイメージが強かったので、内心せわしないと思いつつ、なかなか、ヒットしないな。と思ってたら、友人がこの辺バスいないみたい。

そこで車で移動・・・また移動・・・も一回移動・・・

そうこうしてたら、いつの間にかおてんとさんもこんにちは。
なんてこったい。すでに9時前、このまま1匹も釣れずに終わるのか!?

否!!ヒットした!!興奮してリールを巻き戻す。
落ち着け。と言う友人の声も届かずシャムニに巻巻。

なんとか釣り上げたバスは・・・10センチ位の小物・・・あんなにグイグイ強い力で引かれたのに、こんなに小さいのか。
しかもルアーに食いついたのではなく、えらに引っかかってのフィッシュオン。

ともあれ、都合5時間かけての釣果としては情けなさすぎるけど、ヒットがあった時の感覚は病み付きになりそう。
今回はタイムオーバーで引き上げることになりましたが、友人には迷惑かもしれないけど近いうちにもう一度来ようと思いつつ帰路についた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする