鯉の釣り方についての豆知識 | 船釣りは男のロマン

鯉の釣り方についての豆知識

私の住んでいる地域の川には鯉が生息しています。

その鯉には大きく分けて「真鯉」と「川ゴイ」に分けられます。
その真鯉には更に「黒ゴイ」と「色ゴイ」に分別されます。
概ねこの3種類の「鯉」が生息していますが、この3種の鯉はどうやって釣り上げるのか、体験談にてご説明致します。

まず「黒ゴイ」です。
鯉は深くてゆったりとした流れの底あたりに居ます。
釣り方としてはリール竿に市販の練餌をつけて川の底部へ落とし込み、ひたすら待ちます。
直ぐには食いつきません。竿の先に鈴をつけておくと反応した時に鳴りますのでそれを頼りにして時間をかけて釣ります。

夜行性のようなので夕方から夜間にかけて釣ります。
大きなもので60cm以上になります。

次に「色ゴイ」です。
文字とおり、色んな柄の色模様のある鯉のことです。
この「色ゴイ」は殆ど見かけません。野性では繁殖しないと思われます。(あくまで自分の見解です)

そしてこの「色ゴイ」今まで釣り上げたことはありません。他の誰もが同じです。
餌の好みが違うのか警戒心が強いのか分かりません。謎です。

最後に「川ゴイ」です。
この鯉は体型がスリムです。
一見「うぐい」のように見えます。
この川ゴイは小魚を食べます。肉食系です。

そしてこの川ゴイは色ゴイ同様に餌では釣れません。
結論として釣れるのは「黒ゴイ」だけということになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする