子持ちカレイの煮つけ | 船釣りは男のロマン

子持ちカレイの煮つけ

今回は「カレイの煮つけ」をご紹介します。

春が旬の「カレイ」。
卵を持っていて美味しい時期ですね!!

<材料>2人前

カレイ・・・2枚若しくは切り身2切れ(今回は1尾づつ2尾使います)

生姜・・・・1個(皮を剥きスライスした物)

顆粒だし・・・適量

砂糖・・・・適量

醤油・・・・適量

※割合で言うと、出し8杯に対し、砂糖大さじ1~2杯、醤油1杯です※

<作り方>

①カレイのウロコを取ります。同時にエラ蓋を開け、エラと内臓を取り出します。(卵は残します)

②カレイに火が通り易い様に、切れ目を入れ、熱湯に通します。(匂い取りと煮崩れ防止の為)

③鍋に出し、砂糖、下処理をしたカレイを入れ、落し蓋をし炊いていきます。(弱火で煮込みます)

④8割程度煮上がったら、醤油、生姜を打ち、落し蓋をし、弱火で煮込んでいきます。

⑤お気に入りの器に盛り付け完成です!!


<作り方のポイント>

・魚料理は必ず下処理として、湯通しを行うこと(霜降りと言います)。煮崩れ、匂い取り、あく抜きの為です。霜降り作業を行うだけで、仕上がりが格段と違ってきます。

・醤油と生姜は出来上がりの8割程度で入れる事!!香りの強い醤油と生姜は、煮込めば煮込む程、香りが飛びます。「カレイの煮付け」の様な見た目と味を楽しむ煮物は、香りの強い物は最後に入れましょう!!これをする事で、料亭の様な味と香りになります!!

・煮物の基本として、火に掛けたら沸かさない事です。煮崩れを起こしやすくなるのと、アクがでて、見た目が悪くなります。(物によっては渋みも出易くなります)

上記のポイントを参考に、皆さんも「カレイの煮付け」堪能してみては如何でしょうか!!

本当に美味しくなりますよ!!
お試しください!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする