海釣りの針の特徴 | 船釣りは男のロマン

海釣りの針の特徴

海釣りの針は製造、販売するメーカーが多く、中でも手作りの針は市価より数倍していますが、この事は竿でも言える事です。

針は魚種により形が異なっています。 
それは、各々の魚に対して製造しているのではなく、魚の餌食いの癖で作られています。

例えば投げ釣りのキス、鰈、カサゴではキス針を使用しますが、飲み込んで捕食する事から針先だけを曲げています。
其の時に当たりがあるのですが、その状態になりますと針を吐き出す事は出来ずに口の中で引っかかりますので、根がかりしない限り釣れますので慌てる事はありません。

黒鯛針はメバル、カサゴ釣りに使用できますが針全体が曲がっています。
警戒心の強い黒鯛に対抗している針造りです。

黒鯛は餌を口に入れないで捕食する事が出来ますので、針全体がカーブしています。
餌を捕食すれば取れないようになっていますが、取り込みに注意をしないと逃がしてしまいます。

そうなりますと残念ですが力糸を切るしか方法はありません。
大物を逃がしましたので悔いは残りますが、気にしないで続ける事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする