サビキの竿でカワハギ釣り | 船釣りは男のロマン

サビキの竿でカワハギ釣り

垂水漁港でカワハギ釣りをした体験談と手軽なカワハギ釣りの方法をご紹介します。

サビキをしていたら、偶然カワハギが何度も釣れた事がきっかで、カワハギ釣りをする事になりました。
専用のカワハギ釣りの道具はもっておらず、子供用のサビキの釣り竿の使い方を少し工夫しただけで、簡単に何匹ものカワハギが釣れました。

本来、カワハギ釣りはしなりの少ない硬い竿で行いますが、サビキの竿は大きくしなるのでカワハギ釣りには不向きです。
しなりを少なくするためにした事は、竿を短くして、竿から一番近い場所の糸通しリングだけに糸を通し、できるだけ硬い部分で釣りを行った事です。

カワハギ釣りは、カワハギが口に食べ物を入れたのを見計らって竿を引くのが唯一のコツで、硬い竿だと狙ったタイミングで引くことができるので、サビキ用の竿でも十分でした。
流石にしかけはサビキ用では無く、カワハギ用の針が一個しか付いていない物に変えました。

カワハギを釣るには、硬い竿を使ってタイミングを図る事が重要なので、棒にルアーを付けただけの装備でも可能になります。カワハギは買うと高いので、カワハギが沸いていれば試しにやってみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする