屋形船で楽しむ真冬のワカサギ釣り | 船釣りは男のロマン

屋形船で楽しむ真冬のワカサギ釣り

長野県にある野尻湖で、真冬に屋形船でワカサギ釣りをすることが出来ます。
この湖は普段ではバスフィッシングが行われており、ワカサギ釣りは11月1日~翌年の4月第1日曜日まで解禁されています。

真冬であれば、終日マイナス気温であることも珍しくはない場所ですが、湖が全面結氷しないため船で釣りに行きます。
朝から夕方近くまで釣りをすることが出来、船への持ち込みも自由なため、昼食持参で船に乗ります。

このときは友人の一人が鍋一杯のおでんを作ってきてくれましたので、それ以外はコンビニおにぎりくらいですませました。
私は遅くまで残業した翌日でしたので、準備無しで船に乗り、竿と仕掛けはレンタルで、餌は一緒に行った仲間に分けてもらいました。

船の真ん中に、船首から船尾に向かって細長く釣りスペースが開けられていて、舷側から真ん中に向かい合って釣りをします。
私はあまり釣れませんでしたが、おでんを食べたり日本酒を一杯やりながら、のんびりと釣りを楽しみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする