桧原湖でのバスフィッシングの注意点 | 船釣りは男のロマン

桧原湖でのバスフィッシングの注意点

桧原湖でのバスフィッシング注意点をご紹介します。

ボートで釣りをする方は、遊覧船の航路を調べてから釣りをした方が良いです。
誤って航路で釣りをしていると汽笛を鳴らされるので、速やかに移動して下さい。

遊覧船の引き波にも注意が必要です。
引き波が来ても慌てずに船首を引き波に向けておけば何とかやり過ごせます。
一番危ないのは船体の真横から波を食らってしまうと、落水もしくは転覆の恐れもあります。

次にロックハンプ、スタンプ、立木が水面ギリギリに点在している場所が数多くあります。
このような場所を把握せずにフルスピードで駆け抜けることは非常に危険です。

過去にロックハンプに接触してしまい、船体に穴が開き、救助を要請したという事故も起きています。

同様にエンジンのプロペラ破損も起きています。

最後にエレキ船のみの機動力で遠くまで行かないことです。
山上湖なので天気が変わりやすいです。
真っ黒い雲が遠くに見えていて、まだ大丈夫だと思っていても、あっという間に雷雨、強風に襲われ命からがら帰還した経験があります。

桧原湖で釣りをする際は、レンタルボート店のスタッフさんに遊覧船の航路、ロックハンプなどの危険箇所、天気予報は聞いておくようにしたほうが良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする