アジの船釣り | 船釣りは男のロマン

アジの船釣り

アジ釣りといえば釣り人には定番中の定番ではないでしょうか?
漁港などの陸からも釣れて初心者にも釣りやすい魚です。

でも、アジの船釣りをした事がある人となると、少なくなるのでは?
ここではアジの船釣りで行うビシ釣りについて勉強しましょう。

・船でのビシ釣り
 アジ釣りは沖釣りでも人気があります。
沖釣りはおもりのついたコマセカゴを使うビシ釣りと、サビキ釣りがあります。

ビシ釣りは沖合の岩礁周りの水深で60mから100mを狙います。
東京湾などでは水深30メートルより浅いところでもビシ釣りで狙う海域もあります。

仕掛けは竿は1.6m前後で腰のしっかりした穂先が敏感なビシ竿。
中型片天秤にイワシのミンチ用のアンドンビシをつけた2本バリが基本。

おもり負荷は80号から100号。
電動リールを使えば便利です。

エサに関してはコマセはイワシのミンチ。
付けエサはイカの赤染め角タンを主体に、アオイソメやソフトプラスチックの赤タン。

アジの沖釣りは多くの場合は、船をアンカーで固定して釣るかかり釣りです。
アジは海底近くに群れるので、タナは海底から3mから4mが基本になります。

竿をあおる事でコマセをまいて、アジの群れを寄せてきます。
よく釣れるタナが分かればミチ系のマークかリールの水深計を見て同じタナに仕掛けをとめて、コマセをまきます。

こませは2回から3回竿を大きくあおって、これを20秒から30秒間隔で行います。
2分から3分ぐらいでコマセがなくなるので、仕掛けを上げて、コマセの詰め替えをしましょう。

アジ釣りはした事がある人でも、アジの船釣りはした事ない人もいる事でしょう。
時間がある時にでも挑戦してみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする