エギング、ここがポイントです | 船釣りは男のロマン

エギング、ここがポイントです

絶品のアオリイカやコウイカが手軽に釣れることで大人気のエギング。
餌木と言われる和製イカ釣りルアーをキャストしたらカウントダウン、底まで沈めてからシャクリ上げ・・・ているばかりじゃあもったいない!

間違ってはいませんが、そのやり方では底にいるイカしか釣ることができません。

アオリイカは獰猛な捕食者なので、底にいる魚はもちろん、中層から表層を泳いでいる魚も積極的に狙っています。
特に表層にいるイカは食べる気満々の個体なので、釣れる確率がとても高いのです。
従って、エギングをするなら必ず、表層から狙うようにすると合理的です。

表層で反応がないようなら底まで沈め、今度は中層からといった具合に、攻めるタナをいろいろと工夫してみてください。
全レンジを探って反応がないなら、そのポイントにはイカがいないと諦め、次のポイントへとランガンしていけばいいでしょう。

そして意外に竿抜けポイントとなっているのがサラシです。
大きなサラシはそれこそヒラスズキなどの大型捕食魚が多く、イカは寄ってはいませんが、大型魚が絶対にいないようなちょっとしたサラシはアオリイカの絶好ポイント。

表層近くに浮いている可能性大なので、サラシの中に餌木を入れて、少しだけ沈めてからシャクレば、こんなに簡単にイカが釣れていいの?なんてことになるかも!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする