日本海に浮かぶ魚釣りのメッカ | 船釣りは男のロマン

日本海に浮かぶ魚釣りのメッカ

私が紹介したい磯釣りポイントとして、魚釣りのメッカである日本海に浮かぶ島根県隠岐の島のポイントをご紹介します。

隠岐の島には海の幸が豊富にある自然豊かな離島です。
島前(西ノ島・海士町・知夫村)と島後(隠岐の島町)があります。
その中でも隠岐の島町の都万の大森島を紹介します。

大森島は島自体がとても大きくて、昔は何故か牛が放されていたと言われています。
それほど大きいため島を歩いて端から端まで移動することはできないのですが、島にはいくつか素晴らしいポイントがたくさんあります。
ですからいつかは行ってみたい島でもあります。

その大森島は大型魚が釣れるので有名なんです。
長崎の男女群島には負けるとは思いますが、真鯛にグレにヒラマサにと磯釣り師からしたらワクワクするような島なんです。

私の知り合いから聞いた話なんですが、今から35年程前に大森島で夜釣りをしていた時の事です。
狙いは真鯛だったそうなんですが、夜中の12時過ぎのことです。
竿を置いて少し酒を飲んでいたそうです。そんな時真鯛竿(当時の真鯛竿は固いし、重たい)がすごいしなりをして音をたてて糸が出たのです。
慌てて魚とやりとりをして大型の真鯛を確信したようです。

幸い真鯛仕掛けだったので糸も太いのを使っていたので10分ぐらいのやりとりですんだみたいです。
それがズリ上げてびっくり!口太グレの67センチ!一般的にグレは40センチ以上になると大型で、40センチ級はなかなか釣れないものなんです。
それが67センチともなると化け物です。
長崎の男女群島ぐらいじゃないでしょうか?グレのこんなサイズが釣れるのは。

まあそんなこんなで隠岐の島にはグレのビッグサイズが釣れるのです。
毎年50センチオーバーもざらに釣れています。その中でも大森島は夢の島です。
ぜひ一度隠岐の島でビッグサイズを狙ってはいかがでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする