絶品コウイカをゲットせよ! | 船釣りは男のロマン

絶品コウイカをゲットせよ!

東京湾をはじめとして、アオリイカよりもコウイカの魚影が濃い場所があります。
そんな場所ならもちろんコウイカもエギンで釣ることが可能です。
しかし、アオリイカとはちょっと狙い方を変えてやることで、より狙いやすくなります。

竿はエギングロッド、なければシーバスロッドでもOKです。

餌木のサイズは3.5号、そしてフロントアイにスナップを介して接続する際、ナスオモリ3~5号も一緒にスナップに付けてください。

後は通常のエギング同様にシャクっては沈めてを繰り返すだけですが、着底してからステイの時間を5秒間ほど取ることが肝心です。
コウイカが近くにいれば、その誘い方で高確率で餌木に乗ってくるはず。

コウイカは基本的には海底にいるので、底を常に意識したアクションをさせることが肝心となります。

そのためのナスオモリであり、長めのステイ時間なのです。

なのでコウイカ釣りの場合は、そこまで餌木の性能を求めなくてもOK。

根掛かりの多い釣りでもありますから、100円均一の餌木をメイン使用し、それで乗ってこなかった場合に釣具店で購入した高性能餌木を使えば良いと思います。

また、水深が浅く潮の流れが緩やかなポイントなら、シンカーはプラスせず、通常の餌木の重さで底を意識してアクションさせてやれば問題ありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする